テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

Subversionインストール(Windows)

leave a comment »

YahooSearchPointのソース管理を行うため、Subversionをインストールすることにしました。

Subversionといっても、個人で使うだけなので、TortoiseSVNを使用しました。

——————————————————————————–

1.TortoiseSVNのダウンロード

バージョン管理システムとして使用するTortoiseSVNをダウンロードして、インストール。

パッケージ本体と日本語用LanguagePackの両方をダウンロードする必要があります。

※パッケージ本体のインストール後、再起動が必要になります。

http://tortoisesvn.net/

——————————————————————————–

2.リポジトリの作成

ソース管理先のリポジトリディレクトリを作成します。(E:svnrepYahooSearchPoint)ここでソースがバージョン管理されます。

リポジトリとするフォルダを右クリック→[TortoiseSVN]→[ここにリポジトリを作成]を実行

svn001

——————————————————————————–

3.ソースのインポート

バージョン管理下にないファイル、フォルダをバージョン管理下に登録(リポジトリに登録)します。

まず、除外管理対象を登録します。今回はVB.NETなので、以下のディレクトリ、拡張子が除外対象になります。

  bin obj *.scc *.suo *.user

svn002

バージョン管理化に置くソースが格納されているフォルダを右クリック→[TortoiseSVN]→[インポート]

svn003

リポジトリのURLにはローカルなので「”file:///” + “ローカルのリポジトリディレクトリ”」を指定します。

svn004

——————————————————————————–

4.ソースのチェックアウト

この段階ではローカルにあるソースをリポジトリに登録しただけなので、リポジトリ管理下のソースをチェックアウトしてリポジトリのソースとの同期を可能にします。

チェックアウトしたソースを保存し、今後編集を行うフォルダ(インポートしたフォルダでいいです)を

右クリック→[SVNチェックアウト]を実行

svn005

リポジトリURL(3.でインポートで指定したURL)とチェックアウトディレクトリ(ソース編集を行うローカルディレクトリ)を指定して、[OK]

svn006

チェックアウトを実行すると、フォルダ・ファイルのアイコンがこんな感じ(緑は最新状態)になります。

svn007

ソース変更後のオペレーションについては今後記載予定です。

——————————————————————————–

設定にあたって、以下のサイトを参考にさせていただきました。

バージョン管理(TortoiseSVN) – mikeo_410

TortoiseSVNの使い方

Written by david9142

2009年3月22日 @ 12:38 PM

カテゴリー: YahooSearchPoint

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。