テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

Subversionサーバーのセットアップ

leave a comment »

以前、TortoiseSVNをつかってリポジトリを作ってソース管理をしていましたが、どうもRedmineと連携できない。Redmineのユーザーグループの過去ログを検索したところ、SubversionServerのリポジトリはうまくいっても、TortoiseSVNのリポジトリではうまく連携できない事例があるとか...

ということで、Subversion Serverのセットアップを行うことにしました。

———————–

1.Subversionのダウンロード&インストール

 ここから、ダウンロード。ダウンロード前にユーザ登録が必要になります。

 ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール、基本的に「Next」を一心不乱にクリックしていけばうまくいくはずです。(Apacheはインストールしませんでした。)

 インストール中に、サーバーの待ちうけポート番号と、リポジトリディレクトリの指定があるので忘れないようにしてください。特にポート番号を忘れると、後で設定ができなくなる可能性があります。

001

————————————

2.リポジトリの作成

リポジトリはTortoiseSVNから作成してもいいと思いますが、既存のリポジトリの移行を行いたいため、コマンドラインから作成を行います。

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行

>svnadmin create E:svn_repositoryYahooSearchPoint

※Apacheから接続するケースでも、svn://でアクセスする場合でもcreate以降はローカルディレクトリを指定します。

画面はこんな感じです、何もメッセージがなくて素っ気ないです。

002

———————————–

3.既存のリポジトリの移行

移行元リポジトリ(TortoiseSVNのリポジトリ)ディレクトリにある「db」フォルダを移行先リポジトリにコピーします。

このケースでは、「E:svnrepYahooSearchPointdb」を「E:svnrepReadMailClickerdb」へコピーします。

これで移行は完了です。TortoiseSVNのリポジトリブラウザから移行できていることを確認できます。

003

———————————–

4.参照先リポジトリの変更

この段階では、ソース置き場のディレクトリはTortoiseSVNのリポジトリを参照しているので、Subversion Serverのリポジトリを参照するように変更します。

TortoiseSVNから「エクスポート」を選択

004

フォルダの参照で、「バージョン管理外のファイルもエクスポートする」を選択し、エクスポート先に現在のソースが置いてあるディレクトリを指定します。

005

これで、ソースのあるローカルディレクトリが、バージョン管理下から解除されました。

———————————————

5.ソールをバージョン管理下に置く

旧リポジトリのバージョン管理から解除したので、新リポジトリのバージョン管理下に置きます。

TortoiseSVNから、「SVNチェックアウト」を選択、リポジトリURLを入力し、OK

006

これでリポジトリの移行は完了です。

——————————————-

6.Redmineとの連携

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

やっと連携できたよ...ソースコミット時のコメントが正しくなくてリンクできてないよ...

007

Written by david9142

2009年4月20日 @ 4:02 PM

カテゴリー: YahooSearchPoint

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。