テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

Redmineインストール【更新版】

leave a comment »

端末をクリーンインストールしてRedmineの再インストールをしました。手順が一部変わっている(もともと間違っている?)ので記事を再投稿します。

環境は、Windows XP SP3です。

※Testlinkがインストールされているため、MySQLの新規インストールは実施せずXAMPPのMySQLを使用しています。

———————————–

1.Rubyのインストール

以下のサイトからOne-Click Ruby Installerをダウンロードし、ダウンロードした「ruby186-26.exe」をダブルクリックしてインストール。

http://rubyforge.org/frs/?group_id=167

 ※ほかにもActiveRubyでもいいようです。

 

2.gemをアップデート

gemのアップデートを行います。One-Click Ruby Installlerからインストールした時点では0.9.4ですが、このままでは次手順のRuby on Railsのインストールでエラーになります。以下のコマンドで更新可能です。

> gem update –system

途中で確認メッセージがいくつか表示されますが、よくわからないのでYesを選択しました。

これでgemのバージョンが1.3.5になります。

 

3.Ruby on Railsをインストール

> gem install rails –include-dependencies

※PROXY経由でインターネット接続している環境では、事前にPROXYサーバの以下の設定が必要になります。

> set http_proxy=http://Proxyアドレス(もしくはIP):ポート番号

※以下のサイトを参考にさせていただきました。

gemでProxyサーバ経由の時に気をつけておきたい事

 

4.MySQLにredMine用のデータベースを作成

コマンドラインから以下のとおり実行。SQL ServerのManagement Studioに慣れきっている自分には、コマンドはつらいです。

データベースの作成とユーザーの作成をしています。

GUIほしいなぁ...(´・ω・`)ショボーン

E:xamppxamppmysqlbin>mysql -u root -p

Enter password:

Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or g.

Your MySQL connection id is 9

Server version: 5.0.67-community-nt MySQL Community Edition (GPL)

Type ‘help;’ or ‘h’ for help. Type ‘c’ to clear the buffer.

mysql> create database redmine character set utf8;

mysql> create user redmine identified by “redmine”;

mysql> grant all privileges on redmine.* to redmine@”%”;

 

5.redMineのインストール

以下のサイトからredMineをダウンロードし、解凍する。(ディレクトリは任意でいいと思う)

http://rubyforge.org/frs/?group_id=1850

 

6.redMineからのMySQLへの接続設定

(redMineインストールディレクトリ)configにある「database.yml.example」をコピーし、「database.yml」を作成する。

「database.yml」の"production"を部分を変更する。以下、変更例です。

production:

encoding: utf8

adapter: mysql

database: redmine

host: localhost

username: root

password:

 

6.redMineの初期データの設定

コマンドプロンプトからredMineインストールディレクトリ(「redmineディレクトリ」へ移動し、以下を実行

rake db:migrate RAILS_ENV="production"

rake redmine:load_default_data RAILS_ENV="production"

 

7.redMineの起動

コマンドプロンプトからredMineインストールディレクトリ(「redmineディレクトリ」へ移動し、以下を実行

ruby script/server -e production

※ポートNo.3000を利用してアクセスを受け付けるため、ファイヤーウォールの設定を必要に応じて設定してください。

8.redMineへアクセス

ブラウザから”http://localhost:3000”へアクセス

※初期ユーザーはadmin/admin

Written by david9142

2009年10月12日 @ 7:34 AM

カテゴリー: VisualBasic

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。