テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

SQL Server 2008へのリモート接続

leave a comment »

SQL Serverへリモート接続がなかなかできなかったので、メモ。

【サーバー】: Windows7 + SQL Server 2008 Express Edition SP1

【クライアント】: Windows XP

 

当たり前のようにインストール直後ではつながらない...(2005から初期設定ではリモートから接続できません)

以下3点をサーバー側で設定する必要があります。

1.Windowsファイヤーウォールの設定

  SQL Serverは接続にTCPの1433ポートを利用します。Windowsファイヤーウォールがこのポートを遮断しないようにしてください。

  サードパーティー製のファイヤーウォールを使用している場合も同様です。

2.SQL Server Browserサービスの起動

  [すべてのプログラム] – [SQL Server 2008] – [構成ツール] – [SQL Server 構成マネージャー]を起動し、[SQL Serverのサービス]から「SQL Server Browser」サービスを起動してください。今後のためにサービスは自動起動にしたほうがいいです。

  [コントロールパネル] – [管理ツール] – [サービス]から設定変更してもかまいません。

image

3.TCP/IPの有効化

  [すべてのプログラム] – [SQL Server 2008] – [構成ツール] – [SQL Server 構成マネージャー]を起動し、[SQLEXPRESSのプロトコル](たぶんインスタンス名によって異なります)から「TCP/IP」を有効にしてください。デフォルトは無効です。

image

上記設定が完了すると、リモートからSQL Serverに接続できるはずです。

Written by david9142

2009年10月12日 @ 4:29 PM

カテゴリー: SQL Server

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。