テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

TestLinkをIISにインストールする(1) ~IISとPHPの設定~

leave a comment »

TestLinkを再び使用したいと思ってインストールしました。ただXamppはバージョンアップが難しいし、ApacheをインストールしてもIISとWebサーバーを複数稼働させるのは嫌なので、IISをつかって動かすことにしました。環境は以下の通りです。

  • WindowsServer 2008 R2
  • IIS 7.5
  • PHP 5.3.3
  • MySQL 5.0
  • Testlink 1.8.5b

インストールに当たって、以下のサイトの情報を参考にさせていただきました。

WordPress on Internet Information Service のステップ バイ ステップガイド

『ひと目でわかるIIS 7.0』をお使いの方へ

今回は、IISとPHPの設定です。

(1) IISの拡張機能をインストール(IISはデフォルト設定でインストールされている状態から開始します)

(1)-1.サーバーマネージャーから、「Webサーバー(IIS)」の「役割サービスの追加」を実行

image

(1)-2.役割サービスの「CGI」を選択し、[次へ]

image

(1)-3.インストールオプションの確認で、[インストール]

image

image

image

(2) PHPのインストール

(2)-1.PHPインストーラーをPHPのダウンロードサイトからダウンロードします。今回は「PHP 5.2.14 Non-thread-safe installer」を選択しました。

※PHPのインストーラー「スレッドセーフ版」と「ノンスレッドセーフ版」がありますが、IISのFastCGIと組み合わせる場合は、ノンスレッドセーフ版がいいようです。詳しいことは調べきれていませんが「FastCGI ノンスレッドセーフ」で検索してみてください。

image

(2)-2.インストーラーを起動

image

(2)-3.ライセンス条項に同意

image

(2)-4.インストール先を指定

image

(2)-5.使用するWebサーバーに「IIS FastCGI」を選択

image

(2)-6.Extenstionで「GD2」と「MySQL」を指定

image

(2)-7.インストール開始

image

image

image

(3) FastCGIとPHPを構成する

(3)-1.インタネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーから「FastCGIの設定」をダブルクリック

image

(3)-2.「php-cgi.exe」が設定されていることを確認する。

image

(3)-3.インタネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーから「ハンドラーマッピング」をダブルクリック

image

(3)-4.PHPの設定が追加されていることを確認する

image

image

(3)-5.php.iniを修正、以下2箇所がコメントアウトされているためコメントを解除。

  • cgi.fix_pathinfo
  • fastcgi.impersonate

 

(3)-6.PHPの動作確認。IISのサイトディレクトリにphpinfo.phpを作成し、以下の内容を記述

<?php phpinfo(); ?>

ブラウザで表示されれば大丈夫だと思います。

image

今回はここまで、次回はTestlink本体をインストールします。

Written by david9142

2010年9月4日 @ 9:23 AM

カテゴリー: Testlink

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。