テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

.NETラボ2月勉強会に参加してきました

leave a comment »

今月もライトニングトークで発表させていただきました。毎回時間をいただきありがとうございます。

xUnit(MbUnit)を使用してUIテストを実施する方法を紹介させていただきました。休憩時間に急遽つくったプレゼンテーションとソースなので言いたいことがうまく言えませんでした...最後は時間に押されて一気に駆け抜けてしまったし。

言いたかったことは、以下の内容です。(改めて書いてみてもまとまっている感じがしませんが)

  • xUnitはユニットテストフレームワークではない、テストインプリメンテーションフレームワークだ
  • テストメソッドにアプリを操作するプログラムを記述すると、xUnitを使用してUIテストが可能
  • きちんと構造化されていないソースでなくても、UIテストは実施可能
  • ただし、UIテストはブラックボックスなので密度の高いテストは困難

 

ソースはここからダウンロードすることができます。動作環境は以下の通りです。

  • Windows 7 Professional x64
  • Visual C# 2010 Express Edition
  • Watin 2.0
  • Gallio 3.2.2 x64 (MbUnit 2.4が含まれています) ダウンロード

 

Watinでブラウザを自動操作してMbUnitで自動テストをすることは以前から企んでいたんですが、他にいろいろと気移りしてしまって自分自身もまとまって時間をとって学習していませんでした。Watin自身の開発が止まってしまったのかと思いましたが、2011年2月に急遽(?)正式版の2.0がリリースされたので、このブログに自分が身につけたことを載せようと思います。日本語のリソースは全くなく日本でブログを書いている人はいないので、ひと通り情報がそろうと自分が唯一の存在になるのかもしれません。(笑)

Written by david9142

2011年2月27日 @ 9:30 PM

カテゴリー: .NETラボ

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。