テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

ASP.NET MVC3で節電効果計測サービスを作成する(ことを検討してみる)

leave a comment »

節電効果計測サービス(LightElectricity)をWindowsAzureで動作させるにあたって、ASP.NET MVC3で作り変えることを検討しています。ASP.NET WebFormを利用して作ったのはChartControlを使ってグラフを表示したいという理由からだったんですが、MVCでもChartヘルパーを使用してグラフを表示できることがわかったので、ChartControlと同じくらいの機能があるのか確認をしてみたいと思います。

今回の検討に当たって、以下のサイトの情報を参考にさせていただきました。

連載:ASP.NET MVC入門【バージョン3対応】

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/aspnetmvc3/index/index.html

まめしば雑記

http://d.hatena.ne.jp/shiba-yan/



まずは、環境を整えます。前提として、Visual Web Developer 2010 SP1を使用します。

1.ASP.NET MVC3のインストール

これがないと何も始まりません。ここから基本パッケージと、日本語言語パックをインストールします。迷うことは何もありません。

2.新規プロジェクトの作成

MVC3をインストールしたので、「ASP.NET MVC 3 Web アプリケーション」を選択して新しいプロジェクトを作成します。ビューエンジンはもちろんRazorを選択します。

image

image

とりあえず今回はここまでです。MVC3で作るためにはきちんと検討すべき課題があります。

・データソース、データアクセスをどうするか

SQLServer + EntityFrameworkを使用すれば今までのノウハウをいかすことができるのですが、オンプレミス上にあるデータをどう移行するのかという問題と、SQLAzureを使用すると月額料金が別途加算される問題があります。AzureTableStorageを使用するのか、それとも公開しているOData/XML/JSONデータを使用するのか決める必要があります。

・グラフをどのように描画するのか

ASP.NET MVC3でChartHelperを使用してグラフを描画することができますが、WebFormのChartコントロールと同等の機能を持っているのか、同等の機能がない場合、ChartコントロールをASP.NET MVCを使用することができないのかを調べる必要があります。

次回のエントリーでは、データソース・データアクセスについて検討します。

Written by david9142

2011年5月1日 @ 4:37 PM

カテゴリー: ASP.NET, LightElectricity

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。