テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

LightElectricity on WindowsAzure(1)

leave a comment »

今回から「東京電力 節電効果計測サービス」をWindowsAzure上で稼働させるために開発を行っていきます。まずはAzureSDKをダウンロード・インストール。面倒くさいので、Web Platform Installerでインストールしちゃいました。

image

image

そして、早速ソリューションを作成します。

image

image

あれ?ASP.NET MVC 3がない。え?対応していない??まさか???そ、そんな... 冷静に調べてみると、ASP.NET MVC3プロジェクトを直にWeb Roleとして追加することができないため、新規プロジェクトとしてASP.NET MVC3プロジェクトを追加した後にWeb Roleに追加する必要があります。手順は以下のサイトで紹介されていました。

ASP.NET MVC3 RTMをWindows Azureで動かす!!~懇切丁寧な解説付き~

 

まず、ソリューションを新規作成する際に、ロールを空にして作成します。(上の画像参照)ソリューションエクスプローラからは以下のように見えます。

image

そして、[ファイル]-[追加]-[新しいプロジェクト]から、MVC3プロジェクトを追加します。

image

image

テンプレートは「インターネットアプリケーション」、ビューエンジンは「Razor」を選択します。

image

MVC3プロジェクトが作成され、ソリューションエクスプローラ上こうなります。

image

作ったMVC3プロジェクトをWebロールへ追加します。Azureプロジェクトの[ロール]を右クリックし、[追加」-[ソリューション内のWebロールプロジェクト]を実行します。

image

先ほど作成したMVC3プロジェクトを選択して、[OK]をクリックします。

image

次に、WindowsAzureサイトへMVC3のアセンブリがデプロイされるように、参照設定の追加とビルド時にアセンブリのコピーが行われるようにします。

まず、「C:\Program Files (x86)\Microsoft ASP.NET\ASP.NET Web Pages\v1.0\Assemblies」にあるアセンブリの参照を追加します。

image

そして、参照設定を追加したアセンブリがコピーされるように、「プロパティ」から[ローカルコピー」をTrueに設定します。対象のアセンブリは以下のファイルです。

  • Microsoft.Web.Infrastructure.dll
  • NuGet.Core.dll
  • System.Web.Helpers.dll
  • System.Web.Razor.dll
  • System.Web.WebPages.Administration.dll
  • System.Web.WebPages.Deployment.dll
  • System.Web.WebPages.dll
  • System.Web.WebPages.Razor.dll
  • WebMatrix.Data.dll
  • WebMatix.WebData.dll

image

MVC3アプリケーションをデバッグ実行するとようこそページが表示されます。

image

次回は、Azureの契約と、アプリケーションのデプロイを行おうと思います。

Written by david9142

2011年5月6日 @ 12:21 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。