テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

クラウディアタイマーを完全にAzure上で動かす

leave a comment »

こちらのエントリーで熱く語っているクラウディアタイマーですが、デスクトップアプリの域を脱していないのが不満です。

「デスクトップアプリですが、タイマーコンテンツはAzure上にあります。なのでこれはAzureアプリです。」

は説明していて苦しいです。クラウディアタイマーを完全なAzureアプリにするために、WebRoleのインスタンス上でRemoteAppとして動作させようと思います。

 

RemoteAppについては@ITのこちらの説明を参照してください。

「RemoteApp」とは、Windows Server 2008で新しくサポートされた機能である。RemoteAppを使用すると、ターミナル・サーバ上にインストールされているアプリケーションのうち、特定のアプリケーションのみを利用者に公開することができる。そのため、サービスを限定して利用させたい場合に便利な機能だ。しかも、アプリケーションはあたかもクライアント上で起動されたかのように見えるため、利用者はターミナル・サービスへ接続する手間を意識することなく、かつ見た目の違和感もなく業務を遂行することが可能だ。

WebRoleのリモートデスクトップは構成済みなので、管理者モードのリモートデスクトップを使用します。構成手順は以下通りです。

  1. クラウディアデスクトップをWebRoleにデプロイ
  2. WebRoleのAzureOSにIE9をインストール
  3. AzureOSのレジストリを一部変更
  4. リモートデスクトップ構成ファイル(*.rdp)を修正
  5. クライアントで.rdpファイルを実行

で、できました。AzureOS上で実行されているクラウディアタイマーの画面をクライアントに転送されているので、文字通りAzure上で実行されているアプリになりました。構成は以下の図のようになり、完全にAzure上で動作するアプリになりました。

image

 

以下のサイトで公開されている手順を参考に(そのまま使用)させていただきました。

Windows Azure のインスタンス内の特定アプリケーションだけをリモートデスクトップでリダイレクト

 

次のエントリーで画面キャプチャーつきで、手順の詳細を紹介したいと思います。

Written by david9142

2011年9月3日 @ 9:31 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。