テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

Developing a Windows Azure Data Application Using Code First and SQL Azure (part2) 日本語訳

leave a comment »

このエントリーはMSDNのラーニングコンテンツ「Developing a Windows Azure Data Application Using Code First and SQL Azure」のModule2(Modify the road trip application to use SQL Azure)の日本語訳になります。このラーニングコンテンツ、日本語訳の全体についてはこちらのエントリーを参照してください。

——————————-

チュートリアル:Code FirstとSQL Azureを使用したWindows Azureデータアプリケーション開発

第2部: SQL Azureを使用する

 

目的

このパートでは、データベースにSQL Azureを使用するようにアプリケーションを変更する方法について学習します。

 

チュートリアルの流れ

image

 

この時点でアプリケーションに機能追加を行うこともできますが、代わりにクラウド環境ですばやくアプリケーションを移行し動作させることにフォーカスしましょう。

 

1.最初に、SQL Azureデータベースを作成します。Windows Azure Platform Management Portal(http://windows.azure.com)へログインし、[データベース]をクリックします。

image

 

2.データベースページでサブスクリプションを選択し、メニュー上部(サーバー)の[作成]をクリックします。

image

 

3.[サーバーの作成]ダイアログにて[地域]に現在地からもっとも近い地域を選択し、[次へ]をクリックします。

image

 

4.データベースサーバーの管理者権限のユーザー名とパスワードを指定します。後で、この情報をweb.configに接続文字列をして記載します。

image

 

5.続いて、サーバーに対するファイヤーウォールのルールを作成するダイアログが表示されます。ファイヤーウォールルールにはSQL Azureサーバーへ直接通信可能にするIPアドレス、または、IPアドレスの範囲を指定します。[追加]ボタンをクリックして新規にルールを作成することができます。

ファイヤーウォール規則の追加ダイアログの下部分に現在のクライアントのIPアドレスが表示されます。そのIPアドレスが固定IPアドレスであれば、IPアドレスの範囲の開始と終了の両方に同じアドレスを入力します。これで、ローカルにあるアプリケーションがクラウド上のSQL Azureと通信することができるようになしますが、他のIPアドレスとの通信はブロックされます。

固定IPアドレスではない場合、両方のフィールドに現在のIPアドレスと入力することで通信は可能になりますが、IPアドレスが変更になった場合、このIPアドレスの設定も変更する必要があります。

[規則名]に任意の名前を設定し(例:MyIPRule)、ファイアウォール規則の追加ダイアログのような状態になるようにします。

image

 

6.[OK]ボタンをクリックします。最後に[他の Windows Azure サービスにこのサーバーへのアクセスを許可する]にチェックを入れ、[完了]をクリックしてください。

image

 

7.左側メニューに新しいサーバーが表示されます。メニューを展開すると、サーバーが提供された時点で、masterデータベースが自動的に作成されたことと、先程設定したファイアウォール設定が表示されていることに気づくと思います。以下の画面キャプチャーのように上記内容を確認することができます。

image

 

8.SQL Azureサーバーの準備が完了しました。これで、Code Firstの機能を使ってSQL Azureに自動的にデータベースとテーブルを作成することができます。Visual Studioプロジェクトのソリューションエクスプローラーから、MVC3 Webロールプロジェクトの直下にあるweb.configファイルを開きます。<connectionString>セクションのApplicationService文字列(前のパートでSQL Server Expressに接続するように自動的に作成されています)をコメントアウトし、以下の記述を追記します。認証情報とサーバー情報は先程新規作成したサーバーの情報に合わせてください。

<connectionStrings>
    <!--  <add name="ApplicationServices" connectionString="data source=.\SQLEXPRESS;Integrated Security=SSPI;AttachDBFilename=|DataDirectory|aspnetdb.mdf;User Instance=true"
      providerName="System.Data.SqlClient" /> -->
    <add name="RoadTripContext" connectionString="Server=tcp:yourserver.database.windows.net,1433;Database=RoadTripDB;User ID=username@yourserver;Password=yourpassword;Trusted_Connection=False;Encrypt=True;"
      providerName="System.Data.SqlClient" />
    <add name="DefaultConnection" connectionString="Data Source=.\SQLEXPRESS;Initial Catalog=aspnet_880751cda88f43179adaf03060394190;Integrated Security=True;MultipleActiveResultSets=True"
      providerName="System.Data.SqlClient" />
 </connectionStrings>

 

9.これで必要な手順は完了です。web.configファイルを保存してF5キーを押下してください。ブラウザにWebページが表示されたら、<TOPページ>/Stageへ移動してください。ページの表示に少し時間がかかるかもしれませんが、Code First機能によって新規データベースとテーブルが作成されます。ページ読み込み後、以下のように表示されるはずです。新規作成したデータベースで動作させているため、前パートで登録したデータは表示されていません。

image

 

10.Azure Management Portalからデータベースセクションへ遷移すると、新規にデータベースが作成されていることがわかります。以下のように画面に表示されない場合は、[更新]をクリックしてみてください。

image

 

このパートではSQL Azureサーバーを新規作成し、アプリケーションをSQL Azureで動作するように変更を加えました。次のパートでは、プロジェクトのすべてをクラウド上へ移行します。

 

次回「Windows Azure上で動作させる」に続きます。

Written by david9142

2011年9月16日 @ 11:41 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。