テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

【日本語訳】Now Available! Updated Windows Azure SDK & Windows Azure HPC Scheduler SDK

leave a comment »

本エントリーはMSDNブログ「Now Available! Updated Windows Azure SDK & Windows Azure HPC Scheduler SDK」の日本語訳です。11/14にWindows Azure SDK 1.6がリリースされ、変更点・新機能の紹介を行なっています。

※この日本語訳は個人が勝手に行ったものであり、正確性を保証するものではありません。また、SDKをインストールして試していないので、間違った記述があるかもしれません。原文を読む際の手助け程度に考えてください。

 

———————————–

本日3つのアップデートによってWindows Azureにおける開発をこれまで以上に簡単に行うことができるようになります。3つのアップデートとは、新しバージョンのWindows Azure SDK, 新規に提供されるWindows Azure HPC Scheduler SDK, Windows Azure Platform Training Kitのアップデートです。すでにWindows Azureを利用しているか、利用し始めるいいタイミングを探しているのかに関わらず、これらのアップデートによってWindows Azure上にアプリケーションを作成することがより簡単になります。

ハイライト:

  • Windows Azure SDK (November 2011)—Windows Azureでの開発、デプロイ、管理を簡素化させるためにWindows Azure Tools for Visual Studio 2010に複数の更新が行われています。完全版のWindows Azure SDKは、こちらからWeb Platform installer経由でダウンロードすることができます。
  • Windows Azure HPC Scheduler SDK— Windows Azure SDKと連携して動作し、処理を並列に膨大のコンピューターリソースを使用して行うHigh Performance Computing(HPC)アプリケーションを作成するためのモジュールと機能が含まれています。このSDKはこちらからダウンロードすることができます。
  • Windows Azure Platform Training Kit—Windows Azure上のアプリケーションを作成するためのハンズオンラボ、デモ、プレゼンテーション資料が含まれています。新しいバージョンのWindows Azure SDK、Windows Azure Tools for Visual Studio 2010に対応しています。トレーニングキットはこちらからダウンロードすることができます。

詳細:

Windows Azure SDK for .NETは以下の新しい機能を提供します:

Windows Azure Tools for Visual Studio 2010

  • Streamlined publishing: この機能はアカウントに対してアプリケーション発行設定ファイルを提供し、Windows Azureに接続することがこれまでよりもずっと簡単になります。Visual Studio上から、リモートデスクトップ(RDP)などようなアプリケーションのデプロイに関するすべての設定が可能になります。Visual Studioの発行ウィザードを使って発行設定ファイルをダウンロードし、Visual Studioにインポートするだけで利用することができます。デフォルトでは大きくアプリケーションのアップデートを高速化させるために、インプレースアップグレードが行われます。
  • Multiple profiles: アプリケーションの発行、ビルド、クラウド環境に関する設定ファイルがプロファイルごとにMSBuildファイルにまとめられます。このことにより、開発チームでの環境設定の変更が迅速に行うことができます。
  • Team Build: Windows Azure Tools for Visual Studio 2010はアプリケーションをパッケージ化するNSBuildコマンドラインをサポートします。加えて、Visual Studioのインストール要件に満たないスペックの端末にもインストール可能です。
  • In-Place Updates: Visual StudioからWindows Azureにデプロイ済みのサービスを更新するin-place updatesが機能改善されています。in-place updatesの詳細についてはこちらを参照してください。
  • Enhanced Publishing Wizard: サインイン、デプロイの設定、変更概要の確認を行う発行機能の見直しを行なっています。
  • Automatic Credential Management Configuration: 手動で証明書を作成、管理する必要がなくなり、自動管理が可能になります。
  • Multiple Subscription Deployment Management: Visual Studioから発行を行う際に、複数のWindows Azureサブスクリプションからの選択が可能になります。
  • Hosted Service Creation: Windows Azure管理ポータルを使用せずに、Visual StudioからHosted Serviceの作成が可能になります。
  • Storage Accounts: ストレージカウントもVisual Studio上から作成できるようになります。
  • Remote Desktop Workflow: チェックボックスにチェックを入れてユーザー名/パスワードを指定することでリモートデスクトップ接続が可能になります。証明書を作成して管理ポータルへ手動でアップロードする必要はありません。
  • Deployment Configurations: 複数の環境設定を管理することが可能になります
  • Azure Activity Log: アプリケーションの発行や、可能マシンの初期化ステータスにかんする多くの情報が提供されます。

Windows Azure Tools for Visual Studio 2010に関する詳細な情報は 「What’s New in the Windows Azure Tools.」を参照してください。

 

  • Windows Azure Libraries for .NET 1.6
    • Service Bus & Caching: 開発を簡単にするために、以前のWindows Azure AppFabric SDKからService BusとCachingクライアントライブラリはWindows Azure Libraries for .NET として統合されました。
    • Queues:
      • UpdateMessageメソッドのサポート(キューメッセージの内容と不可視タイムアウトの更新に対応)
      • 未来のある時点までメッセージを不可視とするためのAddMessageメソッドの新しいオーバーロードの追加
      • メッセージサイズの制限を8KBから64KBに変更
      • analytics serviceの設定を行うためのGet/Set Service Settingの追加
  • Windows Azure Emulator
    • コンピュートサービス、ストレージサービスエミュレーターのパフォーマンス改善

Web Platform InstallerからWindows Azure SDKをダウンロードするには、こちらをクリックしてください

Windows Azure HPC Scheduler SDK

Windows Azure HPC Scheduler SDKはWindows Azure SDK for .NETと連携して動作し,、Windows Azure上でスケール可能な処理の大きな、並列動作するアプリケーションを作成するためのモジュールや機能を備えています。 The Windows Azure HPC Scheduler SDK では以下の内容を含めたWindows Azureへのデプロイ定義を行うことができます

  • ジョブスケジューリングとリソースの管理
  • Webベースのジョブ管理
  • MPIアプリケーションやWCFをサポートする並列プログラムランタイムの設定
  • ジョブキューやリソース構成の状態管理

詳細情報についてはこちらを参照してください。

本日のアップデートによって、開発者はVisual Studioの最新のツールを手にすることができ、Windows Azure上でのHPCサービスを作成するためのきっかけになると思います。 これは、顧客へわかりやすく柔軟に、ワールドクラスのサービスを提供する当社の継続的な取り組みの一部です。

今回の全アップデート内容についてはこちらを参照してください。

Written by david9142

2011年11月15日 @ 11:18 PM

カテゴリー: WindowsAzure

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。