テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

【日本語訳】Exploring Windows Azure Storage part3

leave a comment »

このエントリーはMSDNのチュートリアル「Exploring Windows Azure Storage」の「Task1 – Configuring Storage Account Settings」の日本語訳になります。このコンテンツ、日本語訳全体については、こちらのエントリーを参照してください。

 

Task1 – Configuring Storage Account Settings

このエントリーではTable Storageへ接続するために必要な設定を行います。

1.[スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Visual Studio 2010]から、[Microsoft Visual Studio 2010]を右クリックして[管理者として選択]を実行し、Visual Studioを管理者として権限昇格して起動します。

2.[ファイル]メニューから[開く]-[プロジェクトを開く]を選択し、[プロジェクトを開く]ダイアログより、「\Source\Ex01-WorkingWithTables\Begin」へ移動し、お好みの言語のフォルダーを選択後、「Begin.sln」を開きます。

image

図1.ソリューションエクスプローラーでWindows Azure Chat Application(C#)を開いた状態

image

図2.ソリューションエクスプローラーでWindows Azure Chat Application(VB)を開いた状態

Note: ソリューションにはWindows Azure Webロールプロジェクトが含まれています。

3.ソリューションエクスプローラーからプロジェクトを右クリックし、[スタートアッププロジェクトに設定]を選択して、「RdChat」プロジェクトをスタートアッププロジェクトに設定します。

image

図3.スタートアッププロジェクトに設定

4.Windows Azure Table Storageへアクセスするための設定を行うために、サービス定義ファイルを変更します。ソリューションエクスプローラーから RdChat プロジェクトの ロール フォルダを展開し、 RdChat_WebRole を右クリックし、[プロパティ]を選択します。

image

図4.サービス定義エディタを起動

5.[設定]タブより、[設定の追加]をクリックし「DataConnectionString」という名前の設定を追加します。種類を「接続文字列」に設定し、[…]ボタンをクリックしてストレージエミュレーターへの接続文字列を設定します。

image

図5.ストレージへの接続文字列を設定

image

図6.ストレージエミュレーターへの接続文字列を設定

6.[CTRL-S]を押して設定を保存します。

Note: Storage Client LibraryはWindows Azure Storageへアクセスする際にこの設定を使用します。

DataConnectionString: プログラムからデータやWindows Azureの機能へアクセスするためのWindows Azureアカウントへの接続文字列です。

Microsoft.WindowsAzure.Plugins.Diagnostics.ConnectionString: DataConnectionStringと同様、Windows Azureのサーバーへの接続文字列です。この設定はログなどの診断に利用されます。

 

次は「Task2 – Creating Classes to Model the Table Schema」です。

Written by david9142

2011年12月6日 @ 12:58 AM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。