テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

ASP.NET MVC4 DP でiOSとAndoindがモバイルデバイスと判定されない?(4)

leave a comment »

以前、ASP.NET MVC4 Developer Preview機能の検証でこちら(【日本語訳】ASP.NET MVC4 Mobile Features Part3 Viewの新機能)のエントリーを公開しました。その際、ASP.NET4の目玉の新機能が正しく動作しなかったので検証してきました。

  • (1) … Viewのオーバーライド
  • (2) … ViewSwitcher その1
  • (3) … ViewSwitcher その2

今回は、cshtmlの拡張子を変更後に再度拡張子をcshtmlに戻すと、そのファイルが発行対象にならなくなるという現象を検証したいと思います。

普通にASP.NET MVC3プロジェクトを作成します。Azure上にデプロイする予定なので、Windows Azure ProjectのWebロールとして作成しましたが、Azureプロジェクトである必要はありません。

image

そしてこのプロジェクトをどこかにデプロイします。cshtmlファイルが配置されていることがわかります。

image

image

「Index.cshtml」を「Index.cshtml.hide」にリネームします。

image

そしてデプロイします、「Index.cshtml」が削除されていることがわかります。

image

「Index.cshtml.hide」を「Index.cshtml」にリネームします。(名前を戻します)そしてデプロイします。

image

すると、「Index.cshtml」がデプロイされると思いますが、デプロイされません。

image

仕様なのかバグなのかはわかりませんが、拡張子を変更して一旦デプロイ対象外になったファイルは、拡張子を戻してもデプロイ対象にはならないようです。では、このファイルは永遠にデプロイできないかというと、そういう訳ではありません。ファイルの内容をコピーしておき、ファイルを削除、同名のファイルを作成して、ファイルの内容を貼り付けることで、再びファイルはデプロイ対象になります。

image

これで、ASP.NET MVC4 DPに関する検証のエントリーは終了です。

Written by david9142

2012年1月1日 @ 10:05 PM

カテゴリー: ASP.NET MVC

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。