テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

【日本語訳】Building Windows Azure Applications with the Caching Service part4

leave a comment »

このエントリーはMSDNのチュートリアル「Building Windows Azure Applications with the Caching Service」の「Task2 – Configuring Session State Using Windows Azure Caching」の日本語訳になります。このコンテンツ、日本語訳全体については、こちらのエントリーを参照してください。

Task2 – Configuring Session State Using Windows Azure Caching

このチュートリアルでは、セッションステートプロバイダーを変更してWindows Azure Cacheを利用します。MVCAzureStoreプロジェクトに適切なアセンブリを追加し、Web.configに追加したアセンブリに対応する設定情報を変更します。

1.Visual Studio 2010に戻り、以下の参照設定を追加します。「Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client」、「Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core」、「Microsoft.Web.DistributedCache」ソリューションエクスプローラーから、MVCAzureStoreプロジェクトを右クリック – [参照の追加] – [.NET]タブより、アセンブリを選択して「OK」をクリックします。

2.サービスパッケージの一部として参照追加を行ったアセンブリがパッケージに含まれるようにします。前手順で参照追加したアセンブリのプロパティウィンドウから、「ローカルにコピーする」がTrueに設定します。

Note: 一般的にはデフォルトでWindows Azure上の仮想マシンにインストールされていないアセンブリはアプリケーションと一緒にデプロイされるように「ローカルにコピーする」をTrueに設定する必要があります。

3.MVCAzureStoreプロジェクトのルートディレクトリにあるWeb.configを開きます。

4.メモ帳で保存しておいたクライアント設定データ(XML)を開き、configSection部分をコピーします。

image

図12.configSectionのコピー

5.Visual Studio 2010 に戻り、Web.configファイルのconfigurationタグの内側にコピーした内容を貼り付けます。この要素がconfigurationタグの最初の要素であることを確認します。

<configuration>

  <configSections>

    <!– 以下のエントリを configSections に追加してください。セクション全体を上書きしないでください。 –>

    <section name="dataCacheClients" type="Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheClientsSection, Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core"

             allowLocation="true" allowDefinition="Everywhere"/>

  </configSections>

図13.dataCacheClientsセクションのコピー

6.メモ上に再び戻り、dataCacheClientsセクションをコピーします。

image

図13.dataCacheClientsセクションのコピー

7.Visual Studio 2010に戻り、configuSectionの終了タグの下にコピーしたconfigurationをコピーします。

  </configSections>

  <!– キャッシュは、次の 2 つのエンドポイントを公開します。1 つは単純なエンドポイントで、1 つは SSL エンドポイントです。セキュリティのニーズに応じて適切なエンドポイントを選択してください。 –>

  <dataCacheClients>

 

    <dataCacheClient name="default">

      <hosts>

        <host name="[SERVICE-HOST-NAME]" cachePort="22233" />

      </hosts>

 

      <securityProperties mode="Message">

        <messageSecurity

          authorizationInfo="[AUTHORIZATION INFO] ">

        </messageSecurity>

      </securityProperties>

    </dataCacheClient>

Note: 管理ポータルから dataCacheClient セクションをコピーする際に、2つのエンドポイントが定義されていたことに気づいたと思います。1つは通常のもので、もうひとつはSSL用です。このチュートリアルでは通常のエンドポイントを使用します、なのでSSLのエンドポイントはWeb.configに含めないでください。

8.最後にセッションステートプロバイダーを設定します。メモ上に戻り、 sessionState要素をコピーします。

image

図14.sessionStateのコピー

9.Visual Studio 2010に戻り、system.webセクションにコピーした内容を貼り付けます。

<system.web>

  <!– セッションの状態をキャッシュサービスに保存する必要がある場合は、system.web 内の web.config に以下を追加してください。SSL が必要な場合は、dataCacheClientName "SslEndpoint" に変更します。 –>

  <sessionState mode="Custom" customProvider="AppFabricCacheSessionStoreProvider">

    <providers>

      <add name="AppFabricCacheSessionStoreProvider"

           type="Microsoft.Web.DistributedCache.DistributedCacheSessionStateStoreProvider, Microsoft.Web.DistributedCache"

           cacheName="default"

           useBlobMode="true"

           dataCacheClientName="default" />

    </providers>

  </sessionState>

  <compilation debug="true" targetFramework="4.0">

Note: セッションステートプロバイダー「DistributedCacheSessionStateStoreProvider」はout-of-processのセッションステートストレージを可能にし、キャッシュストレージとしてWindows Azure Cacheを使用します、

10.CTRL+SでWeb.configファイルを上書きします。

次は「Task3 – Verification」です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。