テスターですが何か?

ホビープログラマ略してHPです

Go Azure 2日目に参加しました

with one comment

Go Azure2日目に参加しました。1日目についてはこちらを。

2日目はJapan Windows Azure User Group (JAZ)が中心となったコミュニティのセッションやハンズオンセミナーが行われました。自分は金曜日のマイクロソフトのセッションよりも、土曜日のセッションを楽しみにして来ました。初日よりも参加人数が少なかったですね、平日にマイクロソフトの社員の話を聞くことを目的とした人が多かったんでしょうか。スーツで参加した人が多かった(ほとんど)でしたし。

キーノートは初日の振り返り。Blobストレージにhtml+jsのような静的なファイルを置いて究極のスケールサイトが作れるという話が印象に残りました。確かにBlobストレージはHTTPでアクセスできるので可能ですよね。

午後からはずっと「クラウド開発トラック」部屋に閉じ篭ってました。

TFS on Azure で始めるイマドキのソフトウェア開発

TFSの歴史とAzure上のTeam Foundationのお話です。TFSの適用範囲の拡大、クラウド上にTFSがあることのメリットの説明。そして開発プロセス、ソフトウェア開発の目的の重要性のお話でした。

この5年で開発を支援するツールはプロセスとともに大幅に進化しました、ただ人間はそんなに進化してません(自分の見える範囲では)。

  • 計画は作ってみるものの、やってみなければそれができるかどうかわかりません。
  • やってみたらできませんでした、計画をどう変更していいかわかりません。
  • 計画を変更してみたものの、それができるかどうかはやってみなければわかりません。
  • 計画を立ててみたものの、絶対にこんな計画ではうまくいきません。
  • 計画通りにはいっていないけど、やるしかない!

とか

  • この技術やったことないので、できません
  • やり始めてみたものの、どうやったらうまく行くのかわかりません
  • なんかよくわからないけど、サンプルをコピったら動きました
  • なんかよくわからないけど、変えてみたら動かなくなった
  • 何にも変えてないんですけど(本当は何か変更してる)、なぜか動かなくなった

とかとか。そんなことを考えたらネガティブな気分になってしまいました。ツールもプロセスも進化してるんですけど、人間が進化してないのでその進化に対応ができないんですよね。プロジェクトに10人いたら、1人はプロセスの適用方法であったり、ツールの運用であったり開発技術に追随できているでしょうが、残りの9人はどう計画を立てたらいいのか、どう開発をしたらいいのかわからない有象無象の人の印象です。(自分の周りは)

ツール・プロセスの進化を啓蒙することは非常に重要ですし、進化させることは非常に重要なんですが、現場は「計画通りでなくても、プロセスに則っていなくても動く・納品可能なソフトウェアをとにかくつくること」「実際はプロセスに則っていなくても、プロセスに則っていることを証明するためのエビデンスを作成する」ことに力を注いでいます。何とももどかしいです。TFSとかScrumとかは都市伝説じゃないか(現実にはツールを使ってScrumを適用している現場なんて存在しないんじゃないか)と思ったりしてしまいます。

すいません、ネガティブになりすぎたのでここらで終わらせます。ツールやプロセスの進化に追随できる人間になりたいです、はい。

One ASP.NET – ASP.NET Web Stack

一人のファンとして「キャー! シバヤンサーン!!」という気分でした。こういう方にはオーディエンズを置き去りにするようなセッションをやってほしいですよね。

「オラ!オレのテールに食らいついてこい!!」

ってやつを。「ASP.NET WebFormとは」とか「ASP.NET MVC とは」とか「SignalRとは」をお話させるのはもったいないです。そんなことは全部知っている前提で、技術的にもっともっともっともっと尖った話が聞きたいです。ブログを読んでいるとそういったことを知っている方なので。そういった場を作りたいですね。

懇親会でお会いすることができました、やっぱり「あ、あのクラウディアを嫁っていってる人」と思われてました…間違ってはいませんが。

AWS のクラウド デザイン パターンを Windows Azure に持ってきてみた

Windows Azureを使用したクラウドデザインパターンの適用方法のお話。1イベントのプレゼンテーションとしてSlideShareに公開するだけじゃなくて、JAZのコンテンツとしてサイトに公開してもいいんじゃないでしょうか。もっと検索エンジンから探しやすく、アクセスしやすい形にして残して欲しいなぁと思いました。大変な作業だと思いますが、それだけの価値があると思います。

クラウド上のデザインの話は断片的にブログなどで紹介されてる方もいらっしゃいますが、これだけ体系的にまとめられている資料はもっともっと多くの人の目に触れられるようになってほしいです。

ネットワーキングパーティー

転職活動とか、他のコミュニティでお会いした方と少々ですが声を書けることができました。2~3回「クラウディアの方ですよね?」と声をかけられましたが、「あ…はい…」とつれない返事をして3次元の名前を名乗らずにごめんなさい。あと、ムッシュさんと同世代だったことが新しい発見でした。

最後に、きちんとミッションをコンプリートしました。

Experience of Windows Azure is priceless(1)

DVC00012

Experience of Windows Azure is priceless(2)

DVC00013

このイベントの準備・当日の運営に関わった方、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。自分はブログ書くことと写真撮って(・∀・)ニヤニヤすることしか出来ませんが、本当に勉強になりましたし、楽しかったです。

Written by david9142

2012年7月1日 @ 2:36 PM

カテゴリー: WindowsAzure

Tagged with ,

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] Azureに参加しました / Go Azure 2日目に参加しました […]

    GoAzure « ブチザッキ

    2012年7月3日 at 3:05 AM


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。